読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸能・ニュース記事に喝っ!

普段、僕が耳にする、芸能ニュースやニュース記事について、あのTBS番組みたいに喝ってきます!?

VALUE DOMAINからさくらインターネットへ中古ドメインを移管する方法

 VALUE DOMAINからさくらインターネットへ中古ドメインを移管する大まかな手順。

1.

VALUE DOMAINのサイトへ行き、TOPページにある、メニューをクリックすると簡易メニューが左画面に表示される。簡易メニューの中のWHOIS登録情報の変更をクリックする。そして、WHOIS登録情報をすべて自分の情報に書き換える。特にメールアドレスを書き換えないと中古ドメイン移管の承認メールとか届くので、必ず自分のメールアドレスに書き換えましょう。経理担当とか項目がいくつかあり、すべて手入力するのは、面倒なので、一番下までスクロールすると登録情報をすべての項目に入力することが出来るボタンがあるので、ワンクリックですべて入力出来ますよ!

2.

下のサイト通りに進めていく。オースコード(Authcode)は、VALUE DOMAINのサイトのWHOIS登録情報に載っています。もしかしたら、レジストリキー(Regstry Key)として載っていたかも!?

gTLDドメイン移管(転入)マニュアル

3.

入金も済ませ、gTLDドメイン移管(転入)マニュアルのSTEP8まで進めるとWHOIS登録情報に登録したメールアドレスにメールが2通届きます。1通は、マニュアルのSTEP9に書かれている「ドメイン移管作業開始のご連絡」メール。もう一つは、STEP10の承認メール。

gTLDドメイン移管承認マニュアルを参考にドメイン移管を承認します。

 

スポンサーリンク

 

4.

数日後、今度は、VALUE DOMAINから「トランスファー申請に関する確認」というメールが届きます。メール内のURLへアクセスし、トランスファーとは移管のことなので、今回移管するドメインに間違えがなければ承認しましょう。

5.

また、数日後、さくらインターネットから、「ドメインk移管作業完了」のメールが届きます。これで、移管自体は、完了しました。あとは、さくらインターネットの管理画面で移管した中古ドメインを管理できるようにします。

移管したドメインを利用する設定方法

STEP4、STEP5もあるのでお忘れなく!!

 

なかなか、大変な作業になりましたが、一度してしまえば、次回から簡単な訳で、これで、僕もあこがれのページランク2をゲットし、ページランク0から脱出成功だ!

 

僕がVALUE DOMAINからさくらインターネットへ中古ドメインを移管するはめになった経緯です。↓

この前「中古ドメイン販売屋さん」からドメイン年齢10年以上でグーグルのページランク2の中古ドメインを購入しました。「中古ドメイン販売屋さん」で中古ドメインを購入するとVALUE DOMAINへ中古ドメインを移動されます。VALUE DOMAINから無料のサーバーがあるので、そこで、購入した中古ドメインを運用しようと思い、ホームページ作成ソフト(シリウス)でアップロードするもうまくいかない。もう少し、詳しく調べれば出来たかもしれないけれど、面倒になり、使い慣れた、さくらインターネットへ中古ドメインを移管することにした。