芸能・ニュース記事に喝っ!

普段、僕が耳にする、芸能ニュースやニュース記事について、あのTBS番組みたいに喝ってきます!?

鳥羽水族館のダイオウグソクムシは、2009年1月2日から絶食中です。

三重県鳥羽市にある鳥羽水族館、そこにダイオウグソクムシが2009年1月2日から餌を食べずに絶食中と話題になっている。鳥羽水族館には、何匹かダイオウグソクムシが飼育・展示されていて、絶食中のダイオウグソクムシは、通称NO.1。あだ名とかはないらしく、入館した順番にNO1、NO2と名付けられていく。

鳥羽水族館には、およそ、12匹のダイオウグソクムシが飼育されている模様。NO.9は死んでしまったみたい。理由は、絶食が理由ではなく、足を怪我し、体調が崩れていったためだ。ダイオウグソクムシは、どんな深海生物か見たことない人もいると思うので、NO.1に餌をやる動画を見てください。

 


1432日目の挑戦(ダイオウグソクムシのエサやり) - YouTube

 

ダイオウグソクムシって気持ち悪って思う人もいると思うし、かわいいくってダイオウグソクムシのグッツを買う人もいる。まあ、人形は可愛いけどねwww↓

 ダイオウグソクムシは、どうも気持ち悪。ジブリ映画「風の谷のナウシカ」に出てくるオームにそっくりです。動画が暗いのは、 ダイオウグソクムシは、深海生物のため、なるべく水槽も深海の状態に近づけるため、照明を暗めにしているみたい。

ダイオウグソクムシの餌やりは、月に一度あるらしいよ。鳥羽水族館の飼育係の人も、NO.1が餌を食べず、体の色も変色してきて、とても心配しているようです。早く、餌を食べればいいのにね。

ダイオウグソクムシもいいけれど、鳥羽水族館には、もっとすごい生物もいますよ。それは、「ワン」と泣く、カエル。名前は、イヌガエル(仮称)wwwワンって泣くときに口の横のほっぺあたりが、チューインガムを膨らませたように膨らむのが可愛いし、普通に犬の鳴き声だから驚かされます。しかも、日本初展示なんだって!

 


台湾からやって来た「ワン」と鳴くカエルを日本初展示! - YouTube

 

白いオタマジャクシを見に行って以来、鳥羽水族館には、行ってないから、イヌガエルでも見に、今度の休みに鳥羽水族館へ行こうかな。

鳥羽水族館の住所:三重県鳥羽市鳥羽3-3-6

電話番号:0599-25-2555

最寄駅JR・近鉄鳥羽駅から徒歩で10分です。

料金は、大人が2400円、小・中学生は、1200円、3歳以上小学生未満は、600円。また、60歳以上は、2000円です。年中無休で営業時間は、朝9時から17時まで営業(11月1日~3月20日は16時30分で閉館です)