芸能・ニュース記事に喝っ!

普段、僕が耳にする、芸能ニュースやニュース記事について、あのTBS番組みたいに喝ってきます!?

ヨルタモリの最後に出てくる言葉まとめ記事

いいともが終わり、フジテレビのレギュラー番組を持たなくなったタモリが2014年19日から新たな番組「ヨルタモリ」を開始した。タモリは、バーに来る常連客で、タモリ自身として登場するわけではなく、62歳の大阪人。職業は工場の社長をしているという設定で、バーにふらっと立ち寄るという流れ。初回の放送見たけど、タモリの関西弁、めっちゃ違和感あるwww

 

 

ヨルタモリでは、番組最後に著名人の言葉が紹介されていたので、まとめていきますね。

 

第一回 「宮沢りえ、ママになるの巻」

ユージニス=アフレカヌス(355-420)

「物を見ている自分の目を見たことがある者は誰もいない」

 

第二回 「ヨルの昼顔~日曜午後11時15分の恋人たち~の巻」

ラインハット=シュナイザー(1826-1898)

「コップがコップとして使われていることは、両者にとって不幸なことだ」

ゲストは、上戸彩でした。上戸彩がタモリ演じる大阪の工場の社長に質問攻めで、社長の名前と、家族が分かりました。まず、社長の名前は阪口政治(さかぐちまさはる)。親父が政治家にしたかったから、こういう名前になったようだ!ちなみに政治さんには、娘が二人いるそうです。

 

途中、電車の話になり、自分の言いたいことに集中し過ぎると、タモリは、関西弁から、標準語にイントネーションが変わってしまうから、ちょっと面白いですね。

 

 

3回 

現実ほど空想に支えられているものはない

ジョスカン=デュブレ(1632-1694)