読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸能・ニュース記事に喝っ!

普段、僕が耳にする、芸能ニュースやニュース記事について、あのTBS番組みたいに喝ってきます!?

さくらのレンタルサーバでサブドメインを作成しワードプレスで運用する方法

タイトルどおり、この記事ではさくらのレンタルサーバでサブドメインを作成しワードプレスで運用する方法を解説していきます。初心者にも分かりやすいように写真付きで説明してきますね。

 

ステップ1 サブドメインを作成

ステップ2 WordPress(ワードプレス)作成

 

このような順番で解説していきます。

 

 

ステップ1 サブドメインを作成

1.さくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインする。そして、ドメイン名、パスワードを入力する。

URL:https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/

 

f:id:jjox25:20141108205916j:plain

 

2.画面左下にあるドメイン設定をクリックする

f:id:jjox25:20141108211512j:plain

 

3.新しいドメインの追加をクリックする

f:id:jjox25:20141108212554j:plain

 

4.プルダウンメニューの中から、サブドメインを追加したいドメインを選択し、「サブドメインを指定」のチェックボックスにチェックをしれ、「送信する」をクリックする

f:id:jjox25:20141108214135j:plain

 

5.希望のサブドメイン名を決めて入力する。もちろん半角英数字で入力して下さい。入力後、「送信する」をクリックする

f:id:jjox25:20141108220334j:plain

 

 6.追加ドメイン名に間違いがなければ、「送信する」をクリックする

f:id:jjox25:20141108220827j:plain

 

7.以上で、サブドメイン作成は完了しました。作成したサブドメインがサーバーに反映されるまで、数時間から48時間掛かりますので、翌日に先ほど作成したサブドメインを利用して、ワードプレスを立ち上げる作業を行うと確実ですよ!

 

ステップ2 WordPress(ワードプレス)作成

1.さくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインする。そして、ドメイン名、パスワードを入力する。

URL:https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/

 

f:id:jjox25:20141108205916j:plain

 

 2.左にある「データベースの設定」をクリックする

 

f:id:jjox25:20141108224545j:plain

 

 3.データベースの新規作成をクリックする

f:id:jjox25:20141108225001j:plain

 

 4.「データベース名」を入力し、ワードプレスの場合は「データベース文字コード」はUTF-8を選び、「接続用パスワード」も今回初めてデータベースを設定する方は、自分で任意のパスワードを決めて、入力します。データベース名も自分で任意の英数字を入力します。

 

接続用パスワード」と「データベース名」は、用紙にメモしておきましょう。接続用パスワード」は、次回新たにデータベースを作成するときに必要になります。また、「データベース名」は、もちろん同じデータベース内で2つのワードプレスを作成しても良いですが、容量が決められているので、ワードプレス1つに付き一つのデータベースを使用するのがおすすめですよ。そのため、2つ目のワードプレスを立ち上げるときに、混乱しないために、「データベース名」もメモしておきましょう。

 

メモを取り終えたら、「データベースを作成する」をクリックする

 

f:id:jjox25:20141108230607j:plain

 

5.先ほどのデータベース5523が一覧に追加されたのが確認できます。これで、データベースが作成できましたので、ワードプレスの保存場所が確保できました。

f:id:jjox25:20141108231945j:plain

 

6.さくらインターネットのトップページに移動する。
URL:https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/

 

7.画面左下にある「クリックインストール」をクリックする

f:id:jjox25:20141108232558j:plain

 

8.「ブログ」をクリックし、「WordPress」をクリックする

 

f:id:jjox25:20141108232951j:plain

 

f:id:jjox25:20141108233108j:plain

 

 9.画面に色々表示されましたがパニックにならず冷静に対処しましょう(笑)

 ①「ライセンス、インストール規約、注意事項の内容に同意する」にチェックする

②インストール先は独自ドメインのサブドメインではなくサーバの初期ドメイン○○.sakura.ne.jpを選び、任意のインストール先(下の写真ではakieとした。半角英数字なら、なんでもOKですよ)を入力する

③データベースは、作成したデータベースを選ぶ。写真では、僕は「_5523」というデータベースを作りましたので、_5523」を選択しています。

④データパスワードは、データベース作成のときに出てきた「接続用パスワード」を入力し、「テーブルの接尾語」は、表示されているまま何も変更せずに、「インストール」をクリックする。

 

※「テーブルの接尾語」は、一つのデータベースで2つのワードプレスを作成する場合、データの振り分けとして利用します。

 

f:id:jjox25:20141109010421j:plain

 

 10.「WordPress」インストール完了です。ここで、「アプリケーションの設定へ進む」は押したらNG。「アプリケーションの設定へ進む」を押さずに、画面左下にある、「ドメイン設定」をクリックする

f:id:jjox25:20141108235927j:plain

 

f:id:jjox25:20141109000631j:plain

 

 11.ワードプレスで運用したいサブドメインの「変更」ボタンをクリックする

 

f:id:jjox25:20141109001013j:plain

 

12.手順9で出てきたインストール先のフォルダ名(僕の場合はakie)を「指定フォルダ」にそのまま入力し、送信ボタンをクリックする

 

手順9のスクリーンショット写真

f:id:jjox25:20141108234504j:plain

 

 

手順12の入力先の写真

f:id:jjox25:20141109001757j:plain

 

f:id:jjox25:20141109002503j:plain

 

13.設定完了。

 

f:id:jjox25:20141109002750j:plain

 

後は、数時間後にデータが反映されるのを待ち、サブドメインへアクセスして、ワードプレスのセットアップ作業を行いましょう。

 

セットアップのやり方は簡単。サブドメインをgoogle検索に打ち込むとセットアップの画面が表示されます。Yahoo!検索だと表示されないので、google検索しましょう。もしもgoogle検索で表示されない場合、URL入力ボックスに「http://サブドメイン名/wp-admin/install.php」と入力するとセットアップ画面が表示されますよ!

f:id:jjox25:20141109005604j:plain