読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸能・ニュース記事に喝っ!

普段、僕が耳にする、芸能ニュースやニュース記事について、あのTBS番組みたいに喝ってきます!?

図書館で破られた「アンネの日記」とは何なのか?

「アンネの日記」とは、アンネ・フランクという実在の人物が書いた日記のことです。なぜ一般市民のアンネ・フランクの日記が本を出版されるまでになったのか?理由は、平和な時代に少女が書いた日記ではなく、第二次世界大戦の最中、13歳の少女が、ナチスの迫害から逃れるために隠れ家で2年間過ごした生活が描かれているからだ。

「アンネの日記」の表現スタイルは、日記というより手紙に近い表現スタイルになっているようです。

 

 

 

隠れ家で身を潜める生活を始めたのは、アンネ・フランクが、13歳の時。それから2年程潜伏して、彼女はやがてナチスに捕まり、ナチス強制収容所まで連行される。処刑された記録は無いが、環境衛生が悪く、チフスを罹患して15歳という若さで亡くなりました。

「アンネの日記」が出版するに至った経緯は、アンネ・フランクは、ナチスに連行されるときに隠れ家に日記を置いていった。隠れ家を提供支援していたミープ・ヒースという人がアンネの日記を見つけ、アンネ・フランクの父オットー・フランクがお金儲けのためでなく、人々がこの日記を読み、世界が戦争や差別の無い平和な世界になるよう願い出版にいたりました。

 

それなのに、日本では、「アンネの日記」を破る人がいるんですね。残念でならないです。「アンネの日記」を無料(タダ)で読みたい方は自分の住んでいる近くの図書館へ行けば、置いてありますよ。ただし、東京の図書館においてある「アンネの日記」は、破られていますが・・・。