芸能・ニュース記事に喝っ!

普段、僕が耳にする、芸能ニュースやニュース記事について、あのTBS番組みたいに喝ってきます!?

秘密のケンミンSHOWで紹介 バカの芽(バカノメ)の天ぷらとは!?

2014年6月12日放送の「秘密のケンミンSHOW」で紹介された北広島町周辺で食べられている「バカノメの天ぷら」とは一体どんな天ぷらでしょうか?番組では、河原さぶさんが教えてくれました。

 

バカノメの天ぷらとは

バカノメの天ぷらとは、「バカの芽」という山菜の天ぷらでした。「バカの芽」の正式名称は、「コシアブラ」という木の芽のことです。ウコギ科の落葉高木で、北海道から九州まで分布しているので、あなたの住んでいる地域でも「バカの芽」を採って食べることが出来るんですね!

 

「バカの芽」という2つの名前の由来

①広島県北部では、1000年以上前から木炭を大量に燃やす<たたら製鉄>という産業があり、「バカの芽」がつく「コシアブラ」という木は、木炭を作るのに向いていない木、役に立たない邪魔な木→バカの木と呼ばれた!

②「バカの芽」を獲っても翌日には生えている。採っても採ってもバカみたいに採れるからから「バカの芽」と呼ばれている!?

 

 

スポンサーリンク

 

「バカの芽」の定番料理 3パターン

①調理方法は、根元だけを取り除き、天ぷらにする。

②酢味噌和え

③パカスパ(バカの芽が和えてあるスパゲティ)

 

「バカの芽」の味と香りは!?

香りはよもぎに似ているそうで、味は、軽い苦味があるようですよ。

 

バカの芽で通販で購入する場合

バカの芽を食べたい方!今年は諦めましょう(笑)今は6月。次に採れるのは、2015年春です!森に入り、「バカの芽」採りに行くのに抵抗ある人は、自分の庭で家庭菜園しましょう↓