読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸能・ニュース記事に喝っ!

普段、僕が耳にする、芸能ニュースやニュース記事について、あのTBS番組みたいに喝ってきます!?

カラオケのたった2つのコツ

カラオケは、コツさえ覚えれば結構簡単に音痴が治ったり、声量が上がるのが分かりましたのでシェアします。

 

http://www.flickr.com/photos/45170709@N06/4917447111

photo by derekGavey

僕は、とても音痴なので、ボイストレーニング教室のUSボーカルに通い始めて、おおよそ3ヶ月ほどで、カラオケのコツを理解しました。

 

カラオケのコツ①複式呼吸で歌う

腹式呼吸で歌うと、声量も上がり、音程も定まり、音痴なのがかなり改善されます。カラオケを歌うときの腹式呼吸のやり方は、丹田(お腹を切って、断面図でみたときに、真ん中にあるツボのこと)に力を入れるのがコツ。

 

丹田の場所は、おへそから、指2本へそより下の位置にあります。腹式呼吸がきちんと出来ているか確認する方法は、簡単で、歌うとき(息を吐くとき)にお腹がへこみ、息を吸うときにお腹が膨らめば、腹式呼吸ができています。

 

息を吸うときに、肩が上がったり、胸(肺)が膨らむとそれは、胸式呼吸と言って、胸で呼吸する方法なので、腹式呼吸は出来ていませんね。

 

カラオケのコツ②母音子音を意識して歌う

カラオケを歌うときに母音子音を意識して歌いましょう。特に大事なのは、母音です。ほとんどの人は、口の開き方が間違っていて、せっかく腹式呼吸で、腹から出した声が、のどでつっかえて、声量が小さくなります。口の開け方をマスターして、舌で疎外されることなく、声量をそのままマイクに向けて出しましょう。

 

「あ」・・指2本入るくらい大きい口で

「い」・・歯と歯の隙間に舌をのせ、Hiの発音に近い

「う」・・唇をすぼめる。キスするしぐさ!?

「え」・・口角(唇の両端)をあげて、白い歯がみえるように

「お」・・指3本入るくらい縦に大きな口で

 

以上で、カラオケでうまく歌うための2つのコツを終わりにします。USボーカル教室に通っている日記も書いているので、下の記事に最新情報も更新していきますね。